2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonウィジェット

  • miniPC
  • 最近買った本
  • Raspberry Pi
  • クアッドコプター
  • 書籍ランキング

AdSense

  • 広告
無料ブログはココログ

回路設計

2013年6月 3日 (月)

フリーのPCB基板設計ソフト"KiCad"を使う

KiCadの使いかた。
トラ技の特集に載っているサンプル回路図を入力していったときに、行き詰った箇所を説明。CDがついていて、CADソフトをすぐにインストールして試すことができる。

今までEagleや色々なフリープリント基板作成CADを試してみたが、HPを見ながらしかやらなかったので中途半端にしかできず、基板作成には至らなかった。
最近の製作物は結構なジャンパ線の量になってきたので、そろそろ本腰を入れたい。

トランジスタ技術 2013年 05月号 [雑誌]

         CQ出版 2013-04-10
        売り上げランキング :
by ヨメレバ

抵抗、コンデンサはどこにあるか??

コンポーネントの、deviceカテゴリー。汎用部品は全部ここに入っている。電解コンデンサは、CP1という部品。よく使う部品は全部このdeviceに入っている。と、本にも書いてあったが見落としていた。。。

部品のコピーはどうやるのか??

部品をウインドウで選択してコピーらしきボタンまでマウスを移動させると、画面がスクロールしてしまう。なんじゃこりゃ。

KiCadでは基本的に右クリックメニューを使うらしい。いちいち右クリック開いて、コマンド選んでは面倒なので、ショートカットキーを調べてみた。

コピーする部品の上にカーソルを合わせて、"C"を押す。押す時間が短いと、なぜかポップアップメニューが出る。少し長押しする感じで操作しないと駄目。
この方法でコピーを実行すると、元の部品が消えたように見えるが、コピーした部品を配置した後画面をスクロールなどすればちゃんと表示される。

"M"は部品の移動。
"R"は部品の回転。
"X"は部品の反転。

"V"は部品の定数の変更。
ただし、Rなどの記号の上でVを押すと、ポップアップが出てきてしまう。ちょっとずらしたところでVを押さないといけない。

☆トラ技のP77にもショートカットキーの一覧が載っている。

☆トラ技付属のCDの中に、KiCadの日本語マニュアルも入っていた。紙面よりも画像が多いし、説明も詳細なので、こっちを見ながらやったほうが良いかも。

ネットリストを出力させたら、次はCvPCBで部品配置をやっていく。
・・・予定であったが、ちょっとUIが微妙だったので他のツールも試してみようと思う。
中途半端な内容になりました。