« Gatewayのノートが壊れたのでASUSのやつを購入 海外メーカーを中心にあれこれ比較したときの着眼点 | トップページ | 遺伝的アルゴリズムでお掃除ロボットの成長を見守る。 人工知能のプログラムを作った話。 »

2018年2月11日 (日)

win10のためにドライブを整理していた時にOS起動せず冷や汗をかいた件

デスクトップPCにwindows10のアップグレードをインストールして、しばらく使っていたのだが、VSのプロジェクトをZIPしようとしたら読み取り専用でできないというエラーが出た。
よく見ると読み取り専用に設定した覚えがないのに、windows7で作っていたデータ、というかドライブ全体が読み取り専用になっていた。

調べてみると、win10にアップグレード後の過去win7,8のデータはすべて読み取り専用になるということだった。しかもこの読み取り専用設定は、どのHPの設定方法を試しても外れなかった。

解決方法として、USBメモリにコピーしてから戻すか、win10で作成したパーティションにコピーすれば治るとのことだったので、
E,F(アプリ、データ用ドライブ)をすべてG(バックアップ、仮想OS用)の一番でかいパーティションに移し、E,Fをいったん削除してからもう一度戻すことにした。

Fはすんなりパーティションを消せたのだが、Eだけが特殊のようで、「システム、プライマリパーティション、アクティブ」の状態になっている。

で、この状態になっているパーティションはOSからは削除ができないようだ。システムが入っているからという理由のようだが、Eドライブのソフトはすべてアンインストールしたし、win7ユーザ許可がないと消せないとかのファイルの残骸しかのこっていなかった。

OSからはどうしても消せなかったので、win10のDVDで修復ツールを起動し、そこからEパーティションを消すことにした。
diskpartでdeleteしたら簡単に消せた。しかしここからが苦難の始まりだった。

再起動したら、なぜかgrub rescueの画面になった。
どのドライブを選んでもunknown filesystemが出るばかりでなんともならない。
※というかlinuxを入れた覚えがないのになぜgrub???

そこでもう一度win10 DVDで修復コマンドプロンプトを出した。
データ用のパーティションをいじっただけだったのに、MBRが破壊されてしまったようだ。

いろいろ調べて、「ぼくんちのTV別館」というここのHPが一番詳しく最もお世話になった。


インストールDVDで起動させるとコマンドプロンプトが出せるので、

・パーティションの状態を調べる
・MBRの修復をする

という作業を行わなければならない。


diskpartを使ってOSのパーティションをactiveの状態にする。
詳しくは上記HPをご参照ください。

list diskでディスクのリストをだし、select diskでOSの入っているディスクを選ぶ。
パーティションも同じようにしてselectし、最後にactiveをすれば完了。

C、Gドライブは残っていることは分かったので、
ここまでのコマンドを打ち込んでCドライブをアクティブ状態にした。そうしたらvolumeのCドライブに*がつくことが分かった。
しかし、DISKPARTを立ち上げなおすと*印が消えてしまって、効き目がないことが分かった。

そのあと、ダメ元で下記コマンドを試してみた。

bootrec /fixmbr
bootrec /fixboot
bootrec /Rebuildbcd


何回か*印と格闘し、とりあえずfixbootまで打ち込んだが、
fixbootでエラーが出る。
「要素が見つかりません」

よく見たらRebuildbcdでも、最後に
「要素が見つかりません」
というエラーが出ている。


一旦あきらめて電源を切って、
BIOSでUEFIのマークの付いたDVDドライブを一番優先する設定にした。
※最近のBIOSはマウスで設定が変えられるし、グラフィックも表示できる!?

BIOSの設定を変更すると、win10のDVDで起動したときのメニューの数が違うことが分かった。インストールの項目が一番上にあり、あとは今までの修復と電源を切るの2つが出ている。

詳細オプションから再度diskpartの項目からやり直した。
今度は*印のactiveが効いているようで、閉じてからlistでもう一度見たときも*は消えなかった。

再度fixbootを試してみたら、こんどは違うエラーで
「アクセスが拒否されました」
と出た。調べてみてもあまりそういうケースはないらしく途方に暮れた。

一旦Cドライブに念のために退避していた写真データをUSBに移管した。
xcopyでフォルダを指定してもコピーできないというトラブルがあったが、最後に”/d /s”というオプションを2つつけるとコピーできた。

※Gドライブが全滅したらwin7で作ったデータはこの写真データだけしか救済できなかったことになる。。。


参考HPにある、
「ドライブのブートコードを書き換える
この辺から冒険です。」で始まる危なそうな項目も試すことになった。

インストールDVDのコマンドプロンプトから以下を入力する
「bootsect /nt60 all /force」

!!!

このコマンドを打つ前に、Gドラのドライブレターがおかしくなるかもと思い、
一旦Gドラの属しているHDDを外しておいて、それから試した。


このコマンドを打ち込んだおかげで、あっさりと起動した。


起動した後Cドライブの中身はすべて無事だった。
HDDをもう一度つないで再起動すると、Gドライブも出てきた。

本来やりたかったE,Fのドライブを消してパーティションの切り直しも問題なくできた。

win7のデータが読み取り専用になっていた件、確認してみたら
きちんと読み取り専用が外れていた。

完了

« Gatewayのノートが壊れたのでASUSのやつを購入 海外メーカーを中心にあれこれ比較したときの着眼点 | トップページ | 遺伝的アルゴリズムでお掃除ロボットの成長を見守る。 人工知能のプログラムを作った話。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Gatewayのノートが壊れたのでASUSのやつを購入 海外メーカーを中心にあれこれ比較したときの着眼点 | トップページ | 遺伝的アルゴリズムでお掃除ロボットの成長を見守る。 人工知能のプログラムを作った話。 »