2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonウィジェット

  • miniPC
  • 最近買った本
  • Raspberry Pi
  • クアッドコプター
  • 書籍ランキング

AdSense

  • 広告
無料ブログはココログ

« C# イベントを発生させる続編 イベントを使って値を受け渡しする | トップページ | PIC32MX220のADコンバータで、複数chをスキャンモードで使う »

2016年12月11日 (日)

C++ VisualStudio2013を使ってopenCVのプロジェクトを簡単に試す

最初にVisualStudioに出会った頃はCDが入ったパッケージ版しかなく(6.0とかそれくらいのころ)、もっぱらLCCとかcygwinに入っているgccとかを使ってチマチマとしたプログラムを書いていました。

今は全部VisualStudio+たまにVimとか使うのですが、一旦VisualStudioの便利さを知ってしまうと、なかなか他のツールには手を出そうとは思わなくなりました。

VisualStudioを使っていてもちょっと大変なのは、openCVを使ったプログラムで、これのライブラリの設定については沢山HPがあるのですが、どれもこれもバージョンが少し違ったりするだけで画面が変わったり、パスがちょっと変更になったりで、なかなか載っている通りにはいかんです。
いまはNuGetパッケージという大変便利なものがあって、ボタンひとつでセットアップが完了します。
この記事は、このサイトを見て試した結果を書いています。

そのまんまopenCV3.0を入れてみたのですが、
なぜかopenCVの中で使っている関数がエラーを起こしてうまく行きませんでした。

そこで2.4.10を入れなおしてみました。
インクルードのパスが少し変わっていて、下記のように書くといけました。

#include <opencv2\core\core.hpp>
#include <opencv2\highgui\highgui.hpp>

このサイト
の、5.1のソースを使ってテストしました。




« C# イベントを発生させる続編 イベントを使って値を受け渡しする | トップページ | PIC32MX220のADコンバータで、複数chをスキャンモードで使う »

VC++」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518723/64478273

この記事へのトラックバック一覧です: C++ VisualStudio2013を使ってopenCVのプロジェクトを簡単に試す:

« C# イベントを発生させる続編 イベントを使って値を受け渡しする | トップページ | PIC32MX220のADコンバータで、複数chをスキャンモードで使う »