2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonウィジェット

  • miniPC
  • 最近買った本
  • Raspberry Pi
  • クアッドコプター
  • 書籍ランキング

AdSense

  • 広告
無料ブログはココログ

« Linuxマシン同士のSSHの使い方 | トップページ | raspberry pi2にubuntuをインストールする »

2015年10月 5日 (月)

LIVA モニタなしで起動させようとしてGRUBをいじったら、モニタ起動が二度と出来なくなった件

miniPC LIVAにubuntu 14.04を入れて色々楽しく遊んでいたのであるが、普通にPCと使っている分に飽きてしまって、raspberry piのようにSSHで操作して遠隔操作したりしようと思った。そうなるとディスプレイをつながないと起動できないのはなんとも不便なので、ディスプレイなしで起動してくれるような設定を調べて試してみた。

livaをモニターなしで起動する。

GRUBでOSを選択する画面が出てきて、エンターを押さないと起動できない。

そこでGRUBの設定を変えればよいことがわかった。

先に結論を報告しておくと、

GRUBの書き換えは非常にリスクが高い
二度とGUIでログインできなくなる危険性を持っている。
知識が足らず、いままで一度も復活できたことがないので、再インストール決定(著者の場合は・・・)。

GRUBを書き換えてdisplayを表示させなくした場合、
その設定が保存されて、二度とxserverとのリンクが復活しなくなる。

方法は簡単。このファイルを直接編集する。

# sudo vi /etc/default/grub


GRUBファイルの中身はこんな感じ

GRUB_DEFAULT=0
GRUB_RECORDFAIL_TIMEOUT=10
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=true
GRUB_DISTRIBUTOR=`lsb_release -i -s 2> /dev/null || echo Debian`
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="text"
GRUB_CMDLINE_LINUX=""
GRUB_DISABLE_OS_PROBER=true ←追記

上記に変更したら、GRUBを反映させる。
update-grub
を実行して完了。

これで二度とXserverは立ち上がらなくなります(T T)
結局あきらめて普通のデスクトップPCとして使っています。
小さくて軽くてポータブルバッテリーでも動くので
何かの装置に組み込んで使えると思ったのにーー。

« Linuxマシン同士のSSHの使い方 | トップページ | raspberry pi2にubuntuをインストールする »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518723/62416014

この記事へのトラックバック一覧です: LIVA モニタなしで起動させようとしてGRUBをいじったら、モニタ起動が二度と出来なくなった件:

« Linuxマシン同士のSSHの使い方 | トップページ | raspberry pi2にubuntuをインストールする »