2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonウィジェット

  • miniPC
  • 最近買った本
  • Raspberry Pi
  • クアッドコプター
  • 書籍ランキング

AdSense

  • 広告
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年4月

2015年4月28日 (火)

Arduino CuHead Wifi Shield for Arduino V2.0 (LinkSprite)の使い方

ArduinoのWifiシールドをAmazonで買って動かしてみた。
ドキュメントは英語ながら比較的わかりやすかったが、色々引っ掛かったのでシェアします。

環境
・ルーターのネットワークに接続元のPCがある場合を想定。
 接続はルーターに接続しているスマホでも可能。
・ArduinoUNOを使用(3.3V)
・ArduinoIDE1.0.6

参考資料
公式解説ページ
サンプルソースの有りかとインストールの仕方。図が一杯でよくわかる。
マニュアル 使い方編

CuHeadの使い方
このURLのマニュアルに沿って、サンプルコードをコンパイルして書き込むまでの手順をしらべた。

1.サンプルプログラムをダウンロード・解凍し
  librariesのフォルダに入れる。

  ただし、落としたままの長いファイル名ではIDEが認識できないので、
  フォルダの名前をCuHeadに変更する。

2.IDEを起動し、スケッチ⇒スケッチの例からCuHeadのWebServerを選ぶ。

3.そのままコンパイルを押す。
  マニュアルには「コンパイルできませんでも焦らないで」とある。。。
  先ほどのCuHeadフォルダのapps-conf.hを開き、
  APP_WISERVER
  をコメントアウトし、
  APP_WEBSERVER
  のコメントアウトを外し有効化。

4.するとコンパイルが通るようになる。
  しかし、このあとWifiネットワーク設定が必要。

次はこのマニュアルを参考にする。

1.マニュアルの13ページ目にIPやルータアドレスの設定をせよとある。

こんな風に設定した。

local_ip = 192.168.0.10 //Wifiシールドに設定する固定IPアドレス
gateway_ip = 192.168.0.1  //ルータのIPアドレス
subnet_mask = 255.255.255.0
ssid = AirPortxxxxx //ルータのSSID

2.セキュリティタイプの設定

 security_type = 3

 とすると、WPA2が選択される。

3.セキュリティパスフレーズの設定

セキュリティがWPA/WPA2を選んだ場合は
xxxにパスフレーズを入力。WEPの場合はその下のwep_keysにキーを入れる。

// WPA/WPA2 passphrase
const prog_char security_passphrase[] PROGMEM = {"xxxxxxx"};     // max 64 characters

4.wireless_modeの設定。今の場合、WIRELESS_MODE_INFRAのままでよい。

とりあえずのサンプルソース.ino
「ExampleWebServer.ino」をダウンロード

これを大きめのドローン(ARDroneやPhantom)に載せて飛べば、
ほしいデータを自由にワイヤレスで取得できる。
APIが公開されていない、改造が難しいタイプのドローンに役立ちそうだ。

2015年4月18日 (土)

VC++で原因不明のLNK2019エラー

VisualStudio2010で簡単なCソースを打ち込んで、デバッグに使おうと思っていたら
2個のCファイルと1個のヘッダファイルだけの構成なのに

lnk2019 未解決の外部シンボル が関数 _main で参照されました。

のコンパイルエラーが出てちっとも前に進まない。
プロジェクトの設定を触った覚えはないし、引数の型や名前などリンクの障害になるようなにおかしなところはなかったのだが

よく見るとプロジェクトに入っているソースの拡張子がCとCPPの二種類が混じっていた。
全部Cで書くつもりだったのだが新しいファイルを追加するときにCPPの拡張子が自動的についたらしい。

CPPをCに直したらコンパイルできた。





« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »